2014年9月15日 (月)

誕生日!

最近、朝の寒さが心地よい。日中の日差しは強いが風がひんやりして気持ち良い。

早朝からのメールや毎年のお花のプレゼントに感謝です。いくつになってもお祝いされるのは嬉しい。私の事を気遣ってくれる大切な友人たち。

懐かしい人たちからも電話とはがきが届いた。改めて人とのつながりって大事なんだと思った。

ギスギスした息苦しい職場に何年も居たせいか温かい心に触れると安らぎを感じる。正直、人間不信になりそうな毎日だったのでこの休暇期間に自分らしさを取り戻して来月からの求職活動をスタートさせたい。

 

 

 

2014年9月 6日 (土)

残暑厳しいが秋の気配

朝晩めっきり肌寒くなって、日中も暑いが最近の夕方の雷と豪雨で夜は涼しく過ごせてリラックス出来る。

有給休暇に入って、餞別のお返しや友人・知人たちへの報告など慌ただしく過ぎた1週間だった。

あの窓のない狭小の事務所で息苦しい日々を送っていたのがやっと自由になれたのだからこれからは開放的に自分らしい生活を送れると思うと不安もあるけどやっぱり嬉しい。

私はあの職場では唯一の自活者でパラサイトのお気楽な人たちの中でやっぱり異質な存在だったかもしれない。生きるために働くと言うスタンスで、頑張り過ぎたのかも・・。信頼できるものも人も全くない中で一人で苦しみ続けたのだ。そして生活のために我慢し続けた結果の結論。

退職にあたって理由など再度聞きとり調査をされたが、私の9年と2か月の間の1年足らずしか知らない、それも数回しか会った事の無いあの責任者に何が判ると言うの?これ以上私のスキルを冷遇され続けているところに費やすのは納得出来ない。

自分を保守する事や責任回避の言葉しか発しないあの人たちがまた全て私に責任をなすり付けている言動が目に浮かんでくるようだ。最後まで私に対する退職の一連の職務に対して「なんでこんな事を私がしなければならないのだ。」と私の前でも平気で言っていた社員。

正式に退職の処理が完了するまでは会社に対しての不信感や不安はまだ継続し続けるがこちらも自分の権利なのできっちり休ませていただきます。

 

 

 

 

 

2014年9月 1日 (月)

今日から9月、そしてスタート!

8月29日まででひとまず出勤は終わり、有休消化に入ります。

結局、27日まで会社からは退職に向けての何の話も無かったのでまたこちらから催促したところ退職願いが提出されていないのでとの言い訳を。

6月10日の契約更新申請書類に継続を希望しませんと記入して、すぐ契約を打ち切られ、再契約をしないと今後の手続きが出来ないのですぐ書類を送ると言われたままそれも送ってこない状態でいよいよでしょ。

いつもこちらからどうなっているかと催促してやっと重い腰をあげて、あげくの果てにそんなこと言われ・・だったら最初から手続きに必要なものや流れを説明してくれたらいいものを。

私は更新契約を希望しないと提出した時に退職願いは準備していたが誰も何も言ってくれないのでずっと自分で保管していた次第で。いくらパートと言えども9年超も勤務していたのにこの扱いはあまりにも酷いと思う。だからやっと入った後任に愛想をつかされて辞退されるんだ。

確かに業務内容や重責はパートのする仕事ではないとこの会社以外の人なら思うのは当然だ。私がずっと持ち続けてきた思いを全て代弁してくれた彼女に感謝しています。この会社からの酷い仕打ちは語りつくせないほど受けて来ているが最後までこんな思いをさせられるなんて許せないの一言です。

 

 

2014年8月23日 (土)

カウントダウン!

いよいよ後任も決まったようで来週29日まででピリオドを打ちます。

とにかく忙しさと周りの環境が目まぐるしく変わって行き、事件の連続で・・。

やっと解放されます。(*^_^*)

でも、最後の日は月末で催事があり、怒涛の忙しさが予想出来るのでとにかく自分の仕事に集中あるのみです。最後までサービス時間外労働になるようならさっさと切り上げて後任者に任せて帰りますよ。最後の日くらい人並の勤務がしたいですからね。

惜別に浸ることすら不可だけどそんな所ではなかったので・・苦しさ・辛さ・悔しさの日々でしたからね。いくら生活のためとは言え低賃金で過酷な業務の時給労働者として自分でも逆風やいじめに耐えながら良く頑張れたと思います。

もう緊張の糸も決断したときにキレているので今まで我慢していた自分を出しきってさよならします。

 

 

 

 

 

2014年8月 9日 (土)

夏季休暇に。

台風がいよいよ接近、風が強くなってきた。

今日から長い夏季休暇だ。

この時期は時給労働者はお給料が少ない。

それに仕事も溜まってもう休み明けが憂鬱。

休み明け日は私一人出勤なの電話やどっと人が押し寄せるし大忙し。

おまけに20日締め業務もあるし・・考えただけで地獄の忙しさだ。

6月10日に雇用契約打ち切りで、1~2週間後任者との引き継ぎをしてくれないかと言われ

軽い気持ちで請け負ったが・・あれから2か月以上経つがいまだこき使われている。

忙しい仕事に追われ、バッシングも受け辛い我慢の日々。

結局、今月も月末締めまでも私がしなくてはならない状況。

これじゃあ「更新継続希望しません。」と申請用紙に記入した意味が無い。

周りの人たちからはあまりにも人が良すぎるよ!と呆れられるし・・。

自分でもこの逃げだせない状況に、とんだ会社に迷い込んだものだと諦めるしかないのか?

 

 

2014年8月 6日 (水)

懐かしい気持ち

あれから紆余曲折の末、帰って来ました!バッシングやハラスメントに耐え這い上がって来ましたよ。これからは自由になるのでまた復帰です。

地獄のような日々を回顧しつつ、教訓エピソードとして書き綴って行ければと思います。

こんな自己中で我儘な集団の中で、自分が壊れそうになりながら本来の自分らしさを取り戻そうと努力しましたが限界です。

まあ~、最低なところでしたね。

まさに「♪ありの~ままの~姿見せるのよ~♪・・自由になりたい~♪」と叫びたい気分でした。

で、少しずつですが、元気を取り戻して行きたいです!